入院生活の1日について

現在、腎臓の疾患で2週間入院していますが、手術や点滴治療以外は何もしないので日によってはちょっと暇です。
朝起きて術後の痛み止めを飲んで、持ってこられる刺激物少なめの食事を食べます。
そして指定の薬を更に飲み終わったら、私は個室に入院しているのでそのままスマホゲームで遊んだり、
またはPCを開いてネットサーフィン等をしてそのままお昼になります。

昼食前の薬は特にないので、また食事をして、その後はシャワーを浴びにお風呂場へ行きます。
でもシャワーを浴びることしかできないので、終わったらまた暇になるので病院内の売店へ行くか屋上の展望室へ行っています。
ただ、シャワーができる時間が限られているので、行動の順番がひっくり返っている場合もあります。

そして夕方になり、また食前の薬を飲んでから食事を摂ります。
その後で指定の薬を飲んで少しするとパートナーがやってきます。
仕事が遅くなった時でも毎日来てくれるので本当に感謝です。
そのパートナーも仕事の愚痴やら何やらと、あとは少しでも長く一緒に居たいからと大体は消灯30分前まで居ます。

そして消灯の時間になり1日が終わるのですが、薬の影響によりやや眠りにつけないので
そこから最低1時間はベッドの上でただ転がっているだけになります。
でも気づいたら寝ているのでそこで本当に1日が終了します。

退院したらこの生活とおさらばなのは良いけど、食生活で制限がかかりそうだから今後は大変だなと思いました。

不倫の影響?

本当に多い多すぎる不倫の話題、もうベッキーの話題が遥か遠く霞むぐらいの勢いですね。ベッキーの頃は不倫当事者の二人ともに不正義を感じていましたし、一般大衆もそうだと思います。でもこれだけ続くと自分の中でも不倫はあたりまえなのか?という錯覚が起こります。むしろ不倫した二人の芸能人としての格のつり合いだとかそんな事に突っ込みがいくようになり不倫に対しての不正義など感じなくなってきました。有名な芸能人ですらこれなんですから無名の一般人なんか相当数しているんでしょうね。

若い男性が結婚に夢を抱かないのもわかります。
コロリー函館

猫が猫を呼ぶ、のかな?

猫を飼っています。最近、飼っていない野良猫が窓から家の中を覗く場面に良く遭遇するようになりました。「この家、猫飼ってるニャー。大事にさてるみたいだから僕にも餌くれないかニャー」という感じなのでしょうか。そんな風に勝手に想像していました。目が合うとニャーニャー鳴くので、とうとう餌をあげてみました。
いつも飼い猫にあげているものです。近付くと逃げます。餌を置いて遠ざかります。様子をうかがっていたようですが、何分もしないうちにその餌を食べました。結局、あげた分は全て食べ切りました。満足したのか、去っていきました。また来るのを楽しみにしている私がいたりします。

欲しかったカーディガンをゲットしました。

以前、ウィンドゥショッピングをしていた時に、たまたま入ったお店でとても可愛くて自分の好みにぴったりのカーディガンを見つけました。
色も形もデザインもまさに私が理想としているものだったので「即購入!」と思ったのですが、値札を見ると私の想定していた価格を遥かに越えていました。
残念ながら持ち合わせもなく、予算以上のものだったので泣く泣くあきらめることに。
それでもそのカーディガンが忘れられず、モヤモヤし続けていたところ、しばらくたちアウトレットで50%オフで同じ商品が売られているのを見つけました。
その時は本当にビックリしましたが、これも何かの縁だと思いすぐに購入しました。
まさかあのような形で再び巡り合えるとは思ってもみませんでしたが、ほしかったものが手に入り本当に良かったです。